快気祝いとはお礼なんだそうな

幸いというべきか、私の周りでは入院するほどの病気を患った知り合いがいないため、今のところ快気祝いとは無縁の生活を送っています。快気「祝い」という言葉がついてはいますが、快気祝いとは入院中お世話になった方やお見舞いをくれた方へのお返しとして渡すものだそうです。私はそれまで快気祝いは退院した人に「退院おめでとう」とお品物を渡すものだと思ってました。それじゃ全く逆の行為ですよね……経験がないとは言え、誰かに指摘される前に気づけて良かったと自分に苦笑しました。危ないところでした。それにしても意味合いとしては「お礼」なのに「祝い」としてものを贈るなんて、根拠はないのですが「なんだか日本人らしいな」と思ってしまいました。

none

最新投稿

  • 快気祝いはお早目の手配を

    快気祝いをお選びですか?ご回復・ご退院、本当におめでとうございます。入院中にお世話になった方や会社に …

  • 快気祝いはお見舞いに対する感謝の気持ち

    快気祝いとは、病気などを患ってそれが完治した時に、お見舞いに来てくださった方々にそのお礼をすることを …

  • 快気祝いの送り分け

    今日、網膜はく離で、入院していた父が退院しました。眼球の辺りの直接的な衝撃ではなく、重いものを持ち上 …

  • おばあちゃんの快気祝い

    今までいろいろと贈り物を贈ったりお返しされたりして来ました。でも、その中で、一番うれしかったのは、お …